スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
畑作オープンファーム
7月24日、畑作部会のオープンファームが行われました。

畑作部会長、井波さんからのご報告です。

見学日時・7月24日(金)
見学圃場・ほのぼの農園ナチュラルハート
集合場所・道の駅南きよさと
       (奥の駐車場)
集合時間・PM3時~
参加費・500
参加者・5名

内容・ほのぼの農園の圃場見学。

畑は、トマト、ピーマン、ナス、キュウリ、ズッキーニなど、今は果菜類が中心です。
その生育状況などを見せていただきました。
講師の方はいませんでしたが、実際に野菜の出来方、品種や植え方、生育の仕方、株間などの情報交換の場になったように思いました。

参加者は少なかったですが、基本的な栽培の仕方から佐藤さんによる工夫など少人数だからこそしっかりお話を伺えたと思います。

畑を実際に見るという大切さも感じました。  


逡台ス懶シ点convert_20151012153257


スポンサーサイト
畑作部会 | 22:25:46 | トラックバック(0)
畑作、稲作合同勉強会2
6月24日、熊田氏をお招きしての畑作、稲作合同現地勉強会。
稲作部会長、「ゆいまる農園」高橋さんからのご報告です。


6月24日 稲作部会の勉強会の様子。

連日の雨がうそのように晴れてくれました!
参加者22名。
熊田浩生氏を講師にお招きして、北杜市にある実践田2か所を観察しました。

今回は、熊田さんからの提案で、参加者の皆さんに田に入っていただき
実際に見て触って感じたことを意見交換するような流れで進行しました。

下記は、その中で交わされた内容の抜粋です。

・稲の健康状態の見分け方
・アオミドロの発生原因と改善方法
・稲の葉色
・慣行栽培との違い(田の肥え方、根張り、養分吸収力、中干し)
・根がしっかり呼吸できるようにするための管理
・水の取り回し方
・水温コントロール

などなど、
活発な意見交換がなされ、疑問点に対しては自然栽培の視点から熊田さんが丁寧に解説してくれました。
今回は、時間が足らないくらいでしたので、またこのような機会があると良いなと感じました。

講師の熊田さん、勉強会の役員のみなさま。
有意義な勉強会、ありがとうございました。
全体写真
P1140805.jpg
P1140817.jpg
P1140821.jpg
P1140813.jpg
皆さん楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。
高橋さん、ご報告有り難うございました。






稲作部会 | 13:51:49 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。