スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
果樹部会 果樹試験場視察
3月12日(水)果樹部会で山梨県果樹試験場を視察しました。

日時 2014年3月12日(水)1:30〜
場所 山梨県果樹試験場
参加者 18名

昨年から果樹部会への参加者も増え、新規就農の方々も多くなってきましたので、
山梨の代表的な葡萄と桃について現在の栽培方法、基本的な事や剪定技術などの視察に行きました。

P1090982.jpg
山梨市のフルーツライン見晴らしの良い所にある山梨県果樹試験場。

P1090934.jpg
まずは葡萄について。
主任研究員の方から山梨県においての葡萄栽培の歴史や仕立て方などをお話を伺いました。
生食では主に長梢剪定と短梢剪定の2種類が主流。
2種類の剪定の基本的な事などを伺い、参加者からの質問などにもお答えくださいました。

P1090941.jpg
長梢剪定
P1090936.jpg
短梢剪定
P1090938.jpg
上に雨よけシートを張るレインカット
岡山では主流だそうです。

P1090943.jpg
続いて桃についてお話を伺う
P1090949.jpg
剪定について、そして質疑応答など。
果樹部会参加者はプロの農家さんから新規就農、自家用、これからやっていきたい方、まだ畑もない方など様々。
それぞれの質問にも丁寧に答えて下さいました。
果樹試験場は肥料、農薬を使う慣行栽培ですが、作物の性質、特徴、山梨の気候条件など基本的な事は同じ。

他県から移住してこられ山梨で果樹の自然栽培に取り組みたいと言う方も増えてきました.
山梨での作物や気候風土などの特徴を知りながら、山梨にあった自然栽培に取り組んでいけたらと思います。















スポンサーサイト
果樹部会 | 22:00:39

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。