スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平成26年度 定期総会 成果発表会
1月23日、平成26年度 木村式自然栽培勉強会@山梨 定期総会、
25年度成果発表会が行なわれました。

総会
日時 1月23日(木)13:30~14:30
場所 韮崎市民交流センターNICORI(ニコリ)
参加者人数 45名。

1. 開会
2. 会長挨拶
3.協議事項
平成25年度事業報告
平成25年度収支報告
平成26年度事業企画
平成26年度収支計画
その他
4.閉会

P1090550.jpg
韮崎市民交流センターNICORI(ニコリ)さんの会場。

P1090551.jpg
会長 小黒農場 小黒裕一郎さんの挨拶。

今年の活動目標、計画などを報告。

今年もいくつか活動目標をたてました。
新規会員さんも増え、経験の少ない新しい会員さんにも配慮した勉強会を行ない、
会全体の技術レベルの向上を目指す。など
その他色々な活動を行ないながら自然栽培の技術向上を目指していきます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。




総会の後は25年度の成果発表会が行なわれました。

成果発表会
日時 1月23日(木)14:30〜16:00
場所 韮崎市民交流センターNICORI(ニコリ)
参加者人数 45名。

1.開会の言葉
2.発表(発表15分 質疑応答5分)
 畑山貴宏さん 畑作
 佐藤栄一さん 稲作
 野田康博さん 果樹
3 全体の講評 熊田顧問
4 閉会の言葉

当会の講師、顧問である木村興農社 主任研究員の熊田浩生さんのお話からはじまり
25年度 各部会の勉強会会場となった3人の実践者さんから
昨年1年間の取り組みの成果を発表していただきました。

P1090553.jpg
当会の講師、顧問 木村興農社 主任研究員の熊田浩生さん。

P1090555.jpg
畑作 北杜市の畑山農場 畑山貴宏さん。
自然栽培4年目 トマト、秋冬人参、秋冬大根、秋冬カブの成果を発表。

P1090556.jpg
稲作 北杜市のほのぼの農園ナチュラルハート 佐藤栄一さん。
自然栽培で野菜を作っていますが、稲作は1年目。
亀の尾(うるち米)と黄金餅(餅米)についての成果を発表。

P1090557.jpg
果樹 南アルプス市 野田康博さん。
自然栽培 2年目のすもも。
ソルダム 貴陽 太陽 についての成果を発表。


その後、場所を移動し懇親会が行なわれました。

懇親会 
会場 韮崎市のさくら茶屋さん。
参加者 29名

P1090558.jpg
さくら茶屋さんのお料理の他に、果樹部会の会員さん達の栽培した減農薬ブドウで作ったレーズンやコンポート、
自然栽培りんごや枯露柿(干し柿)なども試食をしながらの懇親会。

新規会員さんも増え皆さんそれぞれ交流できた時間でした。























スポンサーサイト
会全般 | 15:40:22
果樹部会現地勉強会 地温測定 剪定
1月23日 今年初の果樹部会が開催されました。

日時 2014年1月23日(木)午前9時30分〜
場所 南アルプス 野田さんの圃場
参加者 16名 県農政 3名

<内容>実践者の果樹畑の見学および剪定講習 
    講師 木村興農社熊田浩生氏

P1090538.jpg
昨年から一年間勉強会場となったスモモの圃場です。
剪定は既に終わっていた為、枝振りはすっきりしていました。

P1090529.jpg
今回は地温測定と剪定について。
スモモの整枝剪定資料など配布されそちらも見ながらの勉強会。

P1090531.jpg
自然栽培で一番基本的で大事と言われている地下部の状況を知る為に
圃場の3カ所にみんなで穴を掘りました。
病害虫に侵される植物は必ず根が弱っていると言います。
地温は植物の根にとってとても大事だそうです。

P1090541.jpg
深さ50cm~60cmの穴を掘り、10㎝ごとに測定しました。
穴を掘った3カ所では地温や土質などがそれぞれ違い、
水害や硬盤層の問題なども見えてきます。

P1090530.jpg
園主や数名の会員達で穴を掘っている間、初めて参加された方や
新規会員さん達には熊田氏から自然栽培の基本的な事を説明して頂く。

P1090547.jpg
その後は剪定について。
スモモは剪定が終わってしまったので部会長が持参した桃の樹を使いながら
の剪定講習。
自然栽培の剪定の基本は葉を縦にして手に持ち葉脈のように芯を1本にして仕立てます。
そして枝を伐る時は葉を横にして葉脈と同じ様に伐る。
この時期はスモモの葉がなかったので圃場に落ちている枯れ葉を拾い葉脈を観察。
植物によって葉脈の形も様々ですのでよく観察が必要。

その後質疑応答などで約2時間程の現地勉強会でした。

新しく果樹に取り組みたい方も増え沢山の皆さんが参加されました。
少しずつ自然栽培の果樹も増えていく事と思います。

今回で南アルプス市の野田さんの圃場での現地勉強会は終了です。
4月からはまた別の会員さんの圃場での現地見学、勉強会か行なわれます。
また詳細はHPでお知らせ致します。















果樹部会 | 22:17:31

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。